2012年05月01日

「一宮海岸は安全です!」と、宣言した一宮町・玉川町長を直撃インタビュー敢行

玉川町長直撃インタビュー.JPG 昨年の東日本大震災以降、千葉県外房海岸も心配続きで、サーファー・夏の海水浴客の減少は歪めない状況が続いてきた。
 そんな中、一宮町は転入住民も増え続け、さらに海ではサーファー人口も増加傾向となり、このGW中には海遊びに来る家族ずれにも期待がかかる。
 そこで実際にどのような状況なの、お忙しい一宮町・玉川孫一郎町長に直撃インタビューを申し入れたところ、快く受けて来れまして、釣ケ崎海岸で海を見ながら行いました。
 「たしかに3.11以降は心が痛む思いでしたが、年明けから人口も増え、サーフポイントを覗けば関東近郊からの車が見られ、週末ともなれば押せや押せやのサーファーのみなさんでごった返している現状は感激でした」と、笑顔の開口一番でした。
 「釣ケ崎海岸(通称・志田下)の駐車場整備が弾みを付けてくれました。ここは地元玉前神社原点の地でもあるので、上手く共存できる方策で解決でき、大塚商会の多大な援助金を頂戴し、千葉県庁からもご支援を頂き最高の方向に向いそうです」、滑らかな説明に自信の程が伺えた。

 いろいろありますが、詳細につきましては5月7日(月)発行の「サーフィン新聞」1面で掲載されますのでご期待下さい。
 ●音声は玉川町長からのメッセージです。


──────────────────────────────────────


サーフィン新聞  ●週刊芸術新聞  ●今朝のサーフィン波情報 ●週刊誌見出しチェック  ●あしがらネット
posted by agree at 07:39| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267911963
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。